カンボジアから技能実習生を招くとどうなるのか

カンボジアから技能実習生を招くと、戦力として働いてくれる可能性が高いです。


理由としては、技能実習生として選ばれるには、それなりに知識と技術が身についていないと無理だからです。
ただ、日本語を使いこなせないため、通訳の人が常に一緒にいる場合がほとんどです。


徐々に慣れてくると少しではありますが、日本語を使い始める可能性が高いです。
意志の疎通ができるようになると、仕事の効率も上がるため、カンボジアから招いてよかったと感じるはずです。

カンボジアの技能実習生の最新情報を見つけよう。

数か月ほど経つと、母国でもあるカンボジアの故郷が恋しくなり、ホームシックになる場合があります。
その時は、通訳が何とかしようとしますが解決につながらない場合がほとんどです。



解決策としては、カンボジアの故郷へ国際電話をかけるという手法があります。



上手く家族の電話につながり、会話することができれば、すぐに元の生活に戻ることができます。
1週間に1回くらいは、カンボジアへ電話をかけるようにするといいかもしれないです。


技能実習生は永続的に日本にいるわけではなく、いつかは故郷へ戻らないといけないです。

戻ることになる数週間前に、会社のほうでお別れパーティを開くことがあります。
一緒に働いた部署の仲間達が、技能実習生に何らかの激励の言葉を言います。この頃になると日本語をある程度は理解しているため、涙を流して感動する場合がほとんどです。
上司や同僚達は仮装をしたりして技能実習生を笑わせたりするので、参加者は羽目を外して楽しむことになります。