カンボジアから技能実習生を招くメリットとは何か

カンボジアから技能実習生を招くと、会社の名前が知れ渡る、日本のためになる、カンボジアの成長につながるなどのメリットがあります。

カンボジアの技能実習生を考える人にお勧めの情報を公開しているサイトです。

海外から技能実習生を招く行為は、国にとっても有益な行いなので、会社の名前が新聞などに出る場合があります。様々な新聞に掲載されることから、会社の宣伝として大いに役立ちます。


それにカンボジアとの友好に結びつくため、日本にとっても悪い話ではありません。
また、新聞だけではなく、テレビでも立派な行いだと褒められる可能性が高いです。

その状態が長く続くと、会社のほうへ仕事の依頼をする企業が一気に急増します。



そのため、大変忙しい状況になりますが、会社にとっては嬉しい悲鳴と言えそうです。

技能実習生は、日本の会社で見習いとして働くことになります。

日本語を上手く使えないため、通訳が常に側にいることが多いです。


仕事の内容は会社により異なりますが、初めは無理な労働はさせず、簡単な基礎的な仕事を任せることがほとんどです。給料はまだ見習いでもあるため、それほど高くはありません。


仕事を覚えてきたら、徐々に給料も増加していくので大丈夫です。
また、カンボジアから長く日本に滞在していると、家族のことを思い出して泣くこともあります。

その時は、ホームシックにかかっているので、国際電話を利用して家族の声を聞かせてあげると解決します。

あと、技能実習生としての期間を終えれば帰ることになります。



カンボジアに帰れば、日本で身につけた技術を周囲の人々へ伝えることになるので、国の成長にもつながります。